ヒゲ脱毛をどこまでするかは、青ヒゲ解消できればいい、1本残らずキレイにしたい、など人それぞれです。
こだわりのヒゲのデザインの場合、生えなくていい部分は産毛も生やしたくない人もいます。
薄くて細い産毛の脱毛は、どうやってするのでしょうか?

 

 

産毛でもヒゲはヒゲ、ヒゲ脱毛は可能か?

産毛は細くて色も薄いものが多いのでヒゲが濃いうちは気にならないものですが、脱毛が進むにつれ目立ってくるようになります。
産毛もあれば気になるもの、ヒゲ脱毛できるのか調べてみました。

 

産毛ってどんな毛なの?

産毛というのは、赤ちゃんの場合は生まれた時から生えている髪の毛や体毛すべての毛を言います。
大人の場合は、細くて柔らかいコシのない体毛のことを言いますね。

産毛は、顔や手、手の指や背中といったところによく見られます。
毛の色が薄かったりすると、近づいてよくよく目を凝らさないと見えません。

 

産毛は脱毛した方がいい?しない方がいい?

体毛は、気温の変化やほこりや花粉といった目に見えないものから肌を守るためにあり、産毛もその役割を持っています
では脱毛はしない方がいいのでは?と思うかもしれません。

しかし今は、肌の大半は衣服で覆われ、露出している顔や手足も、スキンケアで対応できます。
産毛がなくても肌を保護することは出来るので、気になるようなら脱毛するのも選択肢の一つです。

 

産毛脱毛のメリットとは?

肌のトーンが明るくなる

産毛も全くの無色透明ではないので、毛がある状態では肌本来の色よりはくすんで見えています。
脱毛すると肌本来の色が出て、なおかつ肌に光が直接当たって反射して肌が明るく見えるようになります。

毛穴が引き締まる

毛を脱毛すると、毛穴がなくなるわけではありませんが、毛穴は小さくなっていきます。
毛穴が引き締まることで肌の凸凹がなくなり、肌がキレイに見えるようになります。

肌触りがよくなる

産毛がなくなることで抵抗がなくなり肌触りがよくなります。
水の抵抗もないので洗顔などで肌触りがよくなったことを実感できます。

化粧ノリがよくなる

産毛の引っかかり感がなくなることで化粧ノリがよくなります。
女性みたいにフルメイクまではしないまでも、洗顔や保湿といったスキンケアの浸透率も上がります。

 

産毛の脱毛、デメリットは?

脱毛法が限られる

レーザーや光脱毛といったメラニン色素に反応する脱毛法では、色が薄い毛は反応が薄いです。
効果のある脱毛法となると限られてきます。

肌ダメージを受けやすくなる

肌の保護を役割とするものが無くなるのですから、スキンケアを怠ると紫外線など肌ダメージを受けやすくなります。

稀に硬毛化や多毛化が起きる場合がある

硬毛化や多毛化は、脱毛前に比べて毛が太くなったり増えたりすることです。
原因はまだわかっていませんが、レーザーや光脱毛の光が産毛のような色素の薄い毛に当たると起こりやすいと言われています。

 

 

ヒゲの産毛、ベストな脱毛法はこれ

通常のヒゲ脱毛では処理しにくいこともある産毛。
効果的な脱毛方法を紹介しましょう。

 

蓄熱式(SHR方式)の脱毛器(メディオスターNext Proなど)

どんな脱毛法?

この脱毛器は毛に栄養を送る場所(バルジ領域)に光を当てて脱毛する方法なので、毛の色は関係なく脱毛することができます。
産毛のような薄い色や白髪のヒゲ脱毛も可能となっています。

どこで受ける?

メディオスターNext Proなどの脱毛器は、医療レーザー脱毛になるのでクリニックでしか脱毛できません。

料金に差はある?

蓄熱式(SHR方式)の脱毛器の取り扱いが少なかった頃は、従来のレーザー脱毛よりは割高にしているクリニックもありました。
今は、クリニックで取り扱っているところがほとんどなので、脱毛器によっての価格差というのは無くなっています。

痛みは?

光を当てるバルジ領域は毛根より浅いところにあるので、痛みが小さいとされています。
ただ、全くないわけではなく、従来のレーザー脱毛器よりは痛みが少なく済む、ということです。

かかる回数、期間は?

毛の生え変わりサイクルは、どんな毛だろうと変わりません。
通常のヒゲ脱毛のコースが5,6回なら、産毛の脱毛も同じと思ってください。

ヒゲ脱毛5,6回というのは、濃いヒゲを薄くしたい、青ヒゲ解消ぐらいなので、それ以上を望むなら回数はおのずと増えます。
初めから産毛にも対応した脱毛器を使えば、後から脱毛する二度手間を省けます。

 

関連記事こちらも読まれています

ヒゲ脱毛はメディオスターが効果あり!体験談やおすすめクリニックをご紹介

 

ニードル(美容電気針)脱毛

どんな脱毛法?

毛穴に細い針を入れて、毛根に微弱な電流を当て毛を1本づつ脱毛する方法です。
ムダ毛の太さや濃さは関係なく確実に脱毛出来ます。

どこで受ける?

サロンやクリニックで施術できますが、ニードル脱毛も種類があり、クリニックでしかできないものもあります。

料金に差はある?

脱毛方法が違うので一般のレーザーや光脱毛との価格比較はできませんが、ニードル脱毛は毛1本ずつの単価になるので高額です。
レーザーや光脱毛で取りこぼした分をニードル脱毛でキレイにする、というのが一般的な使い方のようです。

痛みは?

どの種類のニードル脱毛であっても、毛穴に針を入れて電気を流す、というスタイルには変わりないので、痛みは伴います。
針のチクッとした痛みに電気のピリッとした痛みが毛を1本づつ処理するたびに起こるので、慣れていないときついかもしれません。

かかる回数、期間は?

1本1本その場で処理するため、終わった直後はキレイです。
しかし、皮膚内にあって外に出ていない毛は、ある程度成長してからの処理になるため、一定の期間は必要です。

 

 

まとめ:ヒゲの産毛、気になるなら脱毛を

産毛と言ってもパッと見でわからないものから、色が黒くてひょろ長い毛までいろいろです。
細くてコシがない毛なので、剃るといった処理がしにくいと感じることもあるでしょう。
気になるならヒゲと一緒に脱毛してもいいのでは?
産毛がないと肌が明るく見えるというのは、私の体験からも保証できますよ。