思春期になると女子だけではなく男子も体に変化が出てきます。
肌にはニキビが出てくるし、高校生ともなると、背もぐんぐん伸びてヒゲなどムダ毛が生えてくる。
ヒゲ脱毛は、そんな悩める男子学生にも対応してくれるのでしょうか?

 

 

未成年の脱毛、高校生からでもヒゲ脱毛は受けられる?

早い男子なら中学生から生えてくるヒゲ、大人からみれば些細なものでも、本人たちには大問題です。
未成年のヒゲ脱毛事情を調べてみました。

何歳からヒゲ脱毛出来るのか?

黒いメラニン色素に反応するレーザー・光を当てるヒゲ脱毛は、基本的にヒゲが黒ければ脱毛可能となっています。
なので、年齢は関係なく高校生であってもヒゲ脱毛できます。

大手サロンやクリニックでも、条件付きではありますがヒゲ脱毛OK、となっているところがほとんど。
中には、学生証を提示すればお得に脱毛出来る学割プランもあるところもあります。
未成年のヒゲ脱毛は稀なケースではない、ということが分かりますね。

高校生でヒゲ脱毛するメリットとは?

高校生の若いうちからするヒゲ脱毛のメリットをまとめてみました。

ヒゲ剃りの時間が省ける

朝の身支度に忙しいのは学生もサラリーマンも同じ、高校生だと部活の朝練などで、早朝から登校しなければならない日もあるでしょう。
これから先、ずっとヒゲ剃りすることを考えれば、ヒゲ脱毛することで身支度の時間が少しでも短くなるのは嬉しいですよね。

コンプレックスが解消される

十代は多感な時期、同性異性両方の目が気になり、自分だけヒゲが濃かったりすると、嫌でも気になります。
高校生だと同じ制服着ていることが多く、ヒゲが目立ってコンプレックスに感じている人もいるようです。
ヒゲ脱毛でコンプレックスが解消されれば、同級生の目を気にすることもなくなります。

ヒゲ脱毛の時間が取りやすい

学生からみれば社会人は自由に見えるかも知れませんが、脱毛の予約を取っても当日仕事で行けなくなった、なんてことはよくあること。
授業や部活があっても時間が決まっている学生の方が、予約キャンセルや取り直しが少なく済みます。
定期的に通えて、スムーズに脱毛することができます。

学割プランで安く脱毛出来る

学生証提示で安くなる学割プランがある脱毛クリニックやサロンもあります。
どの脱毛法を選択しても安くはないので、1割でもお安くなるならお得です。

高校生のヒゲ脱毛、デメリットは?

メリットの多い高校生のヒゲ脱毛、でもデメリットもあります。

また生えてくる可能性がある

男性ホルモンのテストステロン、聞きなれないと思いますが、男らしい体つくりに欠かせないホルモンで、ヒゲなど体毛の成長を促します。
このホルモン、分泌のピークの平均が20代半ばと言われているので、高校生でヒゲ脱毛しても新たにヒゲが作られる可能性があります。

※新たに作られるのは新たな毛穴からのヒゲであって、一度処理した毛穴から再びヒゲが生える、という意味ではありません。

日焼けを理由に断られる場合がある

高校生ともなれば、スポーツや部活に打ち込んで日焼けしている人も多いでしょう。
メラニン色素に反応する脱毛法だと、肌が焼けていると火傷のリスクが増えるので、ヒゲ脱毛を断られる場合があります。
日焼けしていてもできる脱毛もありますが、選択肢は少なくなります。

一時的な副作用がでることがある

ヒゲ脱毛後、

  • 赤み
  • ヒリヒリ感
  • 火傷
  • 毛嚢炎(ニキビのようなもの)
  • かゆみ

といった症状が出ることがあります。
(いずれも一時的なもので、ずっと続くものではありません。)
ヒゲが膨張して一時ヒゲが前より濃くなったように見える、どろぼうひげ状態になることもあります。
効果があるからこそ出てくる症状なのですが、学生さんは恥ずかしいかもしれませんね。

 

関連記事こちらも読まれています

ヒゲ脱毛のトラブルはやけどや肌荒れなどいろいろある!?

 

 

高校生でもヒゲ脱毛したい!必要なものは?

未成年で学生の場合、ヒゲ脱毛するには何が必要なのでしょうか?
必要なものをまとめてみました。

未成年は学生でなくても承諾書が必要

ヒゲ脱毛は、大手クリニックやサロンで、未成年であっても18歳以上(所によっては15歳以上)でヒゲ脱毛可能になっています。
ただし、親や親権者の同意書が絶対に必要となっています。
高校を卒業してすぐ働いている人も、社会人ではありますが未成年なので、契約には親権者の同意書が必要になります。

※同意書は、クリニックやサロンで用意されています。(公式サイトからダウンロードできるものもあります。)

契約時は親権者同伴を求められることが多い

ヒゲ脱毛は、需要の多さから昔に比べるとリーズナブルになってはきましたが、価格の安いクリニックでのヒゲ脱毛でも数万はかかります。
納得するまで追加していくと、さらにお金はかかります。

脱毛代金を払うのが親なら、自分がどこまで脱毛したいのか、しっかり伝えておきましょう。
クリニックやサロンでは、トラブル防止のために未成年の契約には親権者の同伴を求められる場合が多いです。
契約時、親権者が同伴できないときは、クリニックやサロンから親権者に連絡して、確認が出来れば同意書だけでも契約することはできます。

大手クリニックやサロンの未成年のヒゲ脱毛の条件とは?

大手クリニックやサロンの、未成年のヒゲ脱毛に必要なものや、年齢は何歳から可能なのかをまとめてみました。

クリニック

湘南美容外科
  • 対象年齢 18歳以上
  • 必要書類 親権者の同意書

高校生は、親権者同伴による施術となります。

ゴリラクリニック
  • 対象年齢 18歳以上
  • 必要書類 親権者の同意書(公式サイトからダウンロード可)

施術の際は、親権者の同伴は必要ありません。

メンズリゼ
  • 対象年齢 14歳以上
  • 必要書類 親権者の同意書(公式サイトからダウンロード可)

中学生・高校生の場合は、契約施術ともに親権者の同伴の下で行います。
大学生や高校を卒業している社会人の方は、親権者の同意書のみで同伴はいりませんが、確認のための連絡をする場合があります。

 

エステサロン

メンズTBC
  • 対象年齢 15歳以上(ヒゲ脱毛は18歳以上)
  • 必要書類 親権者の同意書

未成年者の場合は、契約時親権者の同席が必要になります。
施術の際は、同伴の必要なし。

リンクス
  • 対象年齢 中学生から
  • 必要書類 親権者の同意書(FAXにて発送可)

中学生・高校生の場合は、契約施術ともに親権者の同伴の下で行います。
社会人の方は、親権者の同意書のみで同伴はなくてOKですが、確認のため連絡をする場合があります。

同意書なしで未成年でも脱毛するようなところは避けた方がいい

ちゃんとしたクリニックやサロンは、未成年だけの契約は絶対にしません。
親権者の同意書なしで契約するようなところは怪しいと思った方がいいです。
誰にも知られず密かに脱毛したい気持ちは分かりますが、後々のトラブルを考えると避けた方がいいでしょう。

 

 

まとめ:今の時代、男の脱毛は珍しくはない

高校生のヒゲ脱毛についてまとめて見ましたが、いかがでしょうか?
未成年、特に働いていない高校生がヒゲ脱毛するには必ず親の承諾が必要です。(代金も親が払うことになるでしょうから。)
誰にも知られずコッソリとヒゲ脱毛はできません。
今の時代、メンズ脱毛は珍しくはないのですから、恥ずかしがらずに相談して下さいね。

相談するなら母親の方が承諾を得やすいかもしれません。
女性は、ムダ毛の処理に関しては男性以上に若い頃から悩んでいる人が多いです。
自身もお金をかけて処理した経験がある人が多いので、脱毛に関しては割と寛容なんですよ。