ネットで「ヒゲ脱毛をするとハゲる」という情報を見たり、噂を聞いたりしたことがある人もいるのではないでしょうか。
ヒゲや髪の毛の濃さは、男性ホルモンと密接に関係していると言います。
本当にヒゲ脱毛をすると、髪の毛まで薄くなってしまうのでしょうか?

 

 

ヒゲ脱毛で髪の毛が薄くなるという噂は本当?

そもそも、なぜヒゲ脱毛をするとハゲると言われているのか気になりますよね。
噂を聞いたことはあっても、根拠まで知っているという人は意外と少ないのではないでしょうか。

実は薄毛とヒゲの濃さは無関係!

体毛の濃さは遺伝的な要素も関係しますが、それ以上に影響するのが男性ホルモンの分泌量です。
人間の体内には、大きく分けて男性ホルモンと女性ホルモンという2種類の性ホルモンが存在します。

女性ホルモンの分泌量が多いと、体毛が薄くなり、髪の毛が豊かでつややかになるという傾向があるのです。
一方、男性ホルモンの分泌量が多いと、髪の毛が薄くなるかわりに、それ以外の体毛が濃くなってしまいます。
男性よりも女性の方が髪の毛が薄くなりにくいのは、女性ホルモンが多く分泌されているからなんですね。

ただし、男性ホルモンの分泌が活発になると、性別に関係なく体毛が濃くなったり、髪の毛が薄くなったりします。
つまり、ヒゲが減って髪の毛が増えることはあっても、ヒゲと髪の毛が同時に減ることはありえないというわけです。

むしろヒゲが濃い人ほどハゲやすい!

ヒゲ脱毛をするとハゲるという噂がありますが、実際はヒゲが濃い人ほど男性ホルモンが多い、つまりハゲやすい傾向があります。
ヒゲ脱毛をすると、男性ホルモンが頭髪に集中して薄くなるという説にも根拠はありません。

そもそも、ヒゲ脱毛でヒゲが薄くなるのは、ホルモンの影響ではありません。
光線の熱により毛根を破壊することで、体毛が生えてこないようにします。
脱毛をする前もした後も、ホルモンの分泌量は変わりません。

ヒゲ脱毛後に髪の毛が薄くなったように感じたとしても、それはヒゲ脱毛ではなく、その他の要素が影響している可能性が高いです。
たとえば、

  • 食生活の乱れ
  • 過剰なストレス
  • 喫煙

などの影響により男性ホルモンの分泌量が増えると、髪の毛が薄くなることがあります。

また、遺伝的な要素から、ある程度年齢を重ねた時点で自然にハゲてくることもあるでしょう。
万が一、髪の毛が薄くなったような気がした場合は、男性ホルモンの分泌量が増えたり髪の毛にダメージを与えたりするようなことをしていないか、生活習慣を見直してみましょう。

 

関連記事こちらも読まれています

あえて知りたい!ヒゲ脱毛のデメリット

 

 

実際はヒゲ脱毛を受ける人が増えている!

もしも本当にヒゲ脱毛でハゲてしまう可能性があったら、ヒゲ脱毛はそこまで普及しないはずですよね。
しかし、実際はヒゲ脱毛を受ける人は増えつつあります。

ヒゲ脱毛の大きなメリットは、ヒゲを剃る手間がなくなることです。
ヒゲが濃い人の場合、朝起きたときにヒゲを剃っても、夕方にはうっすらとヒゲが生えてきてしまうこともあるでしょう。

特に、接客業や営業職など、日頃から清潔感を求められる人にとっては重要な問題ですよね。
肌が敏感な人は、毎日カミソリやシェーバーを当てることで肌が傷つき、出血や炎症を起こしてしまうこともあります。

一度ヒゲ脱毛が完了してしまえば、毎日のようにヒゲを剃る必要がなくなり、朝の忙しい時間も余裕をもって過ごせます。
肌に与えるダメージも最小限に抑えられるため、肌荒れの解決にもつながるでしょう。

さらに、最近では男性専門の脱毛サロンやクリニックも増え、気軽に脱毛を受けられます。
初めて脱毛を受ける人向けに、お試し価格やお得なプランを設けているところも多いんですよ。

 

 

まとめ:ヒゲ脱毛をしてもハゲない!安心して脱毛を受けよう

ヒゲ脱毛をすると髪の毛が薄くなるという話は、医学的にも全く根拠のないデタラメです。
ヒゲが濃い人ほどハゲやすいという事実はあるものの、ヒゲが薄くなることで髪の毛まで薄くなるということはありません。

むしろ、近年では年齢に関係なく、ヒゲ脱毛を受ける人が増えつつあります。
初めてヒゲ脱毛をする人でも安心して通えるよう、お得なキャンペーンを行っているサロンも多いです。

ただし、ヒゲの濃さや毛質によっては、完全に脱毛を終えるまで時間がかかることもあります。
ヒゲ脱毛について気になることや分からないことがあれば、まずは実際にサロンへ行って相談してみましょう。