無事ヒゲ脱毛を受ける事ができたら、先ずは、その直後にするべき事や、ヒゲ脱毛の効果を維持する為のアフターケア、そしてヒゲ脱毛をしたのであれば、やらない方が良い事といった注意点をご説明しましょう。

 

アフターケアは万全に

先ずは何をおいても冷却、クールダウン

レーザー照射では皮膚の下の毛根組織に熱ダメージを与えますが、その時に、周辺の皮下組織も熱によるダメージを受けています。その為、ヒゲの濃い方ですと特に肌が赤くなり、腫れる事がよくあります。又、肌が弱い人も赤みが出やすくなります。

その様な症状の緩和の為に、クリニックや脱毛サロンでは、冷たいタオルや保冷剤で肌をクールダウンしてくれます。クールダウンする事で、肌のホテリ、腫れ、赤みや炎症は抑えられたり、和らげられたりします。

 

その様に、施術後はクリニックでも脱毛サロンでも直ぐにクールダウンしてくれますが、特に強烈なレーザー脱毛機でヒゲ脱毛をした場合にはクリニックや脱毛サロンを後にしても、まだ顔に赤みが残っている場合や、ヒリヒリした状態が続いている場合もあります。

そんな場合は、帰宅後にも冷却する事をおススメします。その場合、氷や保冷剤を直接肌に当てると肌が凍傷になる可能性もありますので、氷や保冷剤をタオルで包んで冷やす様にしましょう。

こうしてクールダウンすると症状が長引かずに済みます。

 

処方された軟膏等の塗布

クールダウンして赤み等の炎症が落ち着いたら、クリニックで処方された軟膏や脱毛サロンで手渡されたクリームを塗ります。特に軟膏やクリーム類を受け取っていない場合でも、ワセリン等の添加物の少ないクリームを塗っておく方が安心できます。

 

保湿

ヒゲ脱毛は毛のメラニンに反応させ、毛根を破壊する事で脱毛すると同時に、肌から水分も奪います。その為、ヒゲ脱毛後は肌の水分が失われて、かなり肌が乾燥しやすくなり、赤みが続く事も多く、乾燥肌になるとヒリヒリや痒み等の肌トラブルも招きやすくなります。

日頃、洗顔後や風呂上がりに基礎化粧品で保湿ケアをしている人は大丈夫でしょうが、普段特に何もしていないという人はヒゲ脱毛で乾燥肌になる危険性が充分にあるので、ヒゲ脱毛を機に保湿化粧品で充分にケアする必要があります。

又、本来、乾燥肌で無かった方でも、脱毛後は乾燥しがちになる為、保湿を怠って放置したままでいると、乾燥肌の原因になりますので、乾燥肌ではないとおっしゃる方もシッカリと肌の保湿のケアを始めて下さい。

この様なヒゲ脱毛後のアフターケアは、決して無視する事は出来ません。脱毛後にも関わらず、何もせずに放置すると、肌荒れが生じ、荒れた毛穴から菌が入って、そこが赤く腫れたり、化膿したり等々、深刻な皮膚トラブルに発展する可能性もあります。

 ➡ 最大の効果を得る為、ヒゲ脱毛に際して事前の注意点を説明します

 

紫外線対策

繰り返しになりますが、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で照射するレーザー光線は黒色、メラニンに対して反応します。日焼けした肌は、火傷のリスクが高くなる為に、通常は施術を断わられます。ヒゲ脱毛を始めたのであれば、紫外線対策は万全にしましょう。

施術を受けた当日の帰りは、肌が普段よりデリケートになっていますので、特に紫外線対策に留意する必要がありますが、脱毛を始めたからには、次の施術が受けられなくなるリスクを避ける意味でも、引き続き、日焼けを避ける為の紫外線対策を万全にしましょう。

 

  • 帽子を被る
  • 日傘を差す
  • 刺激の少ない日焼け止めクリームを塗る

など、紫外線対策を確実にやりましょう。

大阪でヒゲ脱毛を受けるならココ!

 

絶対ダメ!ヒゲ脱毛後のNG行為

施術後にNGとなる行為もご紹介します。

 

ヒゲ脱毛後の剃刀でのヒゲ剃り

レーザー照射によってヒゲが膨張して剃刀では非常に剃りづらくなっている上、ヒゲ脱毛後は肌が荒れている状態なので、無理矢理、剃刀で剃ると皮膚の角質まで削ってしまって、その結果、肌が乾燥したり、黒ずんだり、出血したりする危険性があります。

ヒゲ脱毛完了までの間は剃刀ではなく電気シェーバーで剃るようにしましょう。

 

毛抜き等でヒゲを抜く行為

ヒゲ脱毛時にレーザーで毛根が熱照射されている為、焦げたヒゲが毛穴の奥で泥棒ヒゲ状態になる場合もあります。毛抜き等でそのヒゲを抜くと、毛乳頭や毛母細胞ごと抜けるので、次回脱毛時の脱毛効果を低下させてしまいます。

自然に抜け落ちるのを待ちましょう。

 

ヒゲ脱毛直後のサウナと入浴

ヒゲ脱毛直後の肌は熱を持った状態にも関わらず、赤みや毛嚢炎などの肌荒れがあるにも関わらず、サウナや入浴で更に熱を加えると、そういった赤みや毛嚢炎などの肌荒れ症状が悪化する可能性があります。

症状が引くまで、辛抱しましょう。