さて、いよいよヒゲ脱毛をしようと決めた場合、ヒゲ脱毛の施術は決して安価ではない為、同じ受けるのであれば、最大の効果が出る様に、事前の準備をしていたいものです。でも事前の準備?一体何をすれば良いのでしょうか?事前の注意点などをご説明します。

 ➡ 顔の印象がかなり変わる!?リンクスのヒゲ脱毛に関する口コミ

 

日焼け防止対策

先ず、ヒゲ脱毛をすると決めたら、日焼けをしない様に日焼け防止対策を完璧にします。

日焼けは、肌に深刻なダメージを与えます。紫外線によって、肌は軽い火傷状態となります。この日焼け状態のお肌でヒゲ脱毛をすると、肌トラブルが生じます。

又、一般にクリニックや脱毛サロンでは日焼けしている場合はリスク回避の為、施術を断る方針であることが多いので、ヒゲ脱毛を控えているという人は日焼けをしない様に、日焼け防止対策を万全に整える事が大切です。

 

肌の保湿管理

油分と水分を含んでいて適度に潤っているのが健康な肌ですが、季節や毛の自己処理などが影響して乾燥肌になっている人も多いです。乾燥肌の方がヒゲ脱毛でレーザーや光の照射を受けると、痛みとなったり、施術後の赤みに繋がったりします。

痛みや施術後の赤みを避ける為には、脱毛機の出力レベルを抑えて照射する必要に迫られますので、脱毛効果を充分に発揮できなくなる場合があります。その点、潤いのある肌ですと、施術時の痛みも軽減される上、脱毛効果もキチンと発揮出来ます。

尚、多くの男性の肌は、油分が多い傾向がありますので、油分が多く含まれているクリームや乳液ではなく、水分を多く含むローションタイプの商品で保湿される方が良いかもしれません。いずれにしても、こまめな保湿を心掛けましょう。

ご自分では乾燥肌だと気付いていらっしゃらない方でも、剃刀を使ってヒゲの自己処理をされているのであれば、毛と一緒に肌の角質も削ってしまいますので、乾燥肌に陥っている場合が多いのです。

 

施術当日の朝のヒゲ剃り

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は特殊な光を照射して毛根に含まれているメラニンに反応させるシステムです。施術の際にヒゲが伸びていると、皮膚の表面に出ているそのヒゲが熱で縮れるだけではなく、その辺り一帯の肌にも照射によるダメージを与えてしまいます。

また、長いヒゲにはメラニンも沢山含まれているので、光が過剰反応を起こし、痛みが強くなります。施術日の朝、忘れずに剃って行きましょう。

 

毛抜きでの自己処理はNG

脱毛当日朝の自己処理ですが、毛抜きによる自己処理はNGです。毛抜きですと、無理やり毛を根元から引き抜く事になるので、抜く時に毛穴や皮膚を傷つけてしまいます。その傷口から細菌が入り込んだら、赤く腫れてしまったり化膿したりする可能性があります。

自然治癒力も作用するので、傷ついた皮膚はより強く再生する為、皮膚が厚く硬く変化します。厚くて硬い皮膚で表面が覆われてしまうので、そこに再び毛が生えようとしても、その硬さで表面に出られなくなり、埋もれ毛になってしまう可能性が高くなります。

埋もれ毛になっても毛の成長自体は止まりませんので、縦にではなく横に成長し、濃く太くなってしまいます。次の施術時には、その埋もれた濃く太い毛に、レーザーや光を照射する事になってしまうので、過剰反応が起きて、肌トラブルに繋がってしまいます。

 

体調管理に気をつける

睡眠不足や風邪気味等で体調を崩していると、デリケートな肌はその影響を受けて状態が悪くなります。脱毛は肌の状態にかなり左右されてしまいます。ですから万全の体調で施術を受けられるように体調管理に気をつけましょう。

 

施術当日はマスクを持参する

ヒゲ脱毛施術後には肌に赤みが出るケースも多いです。施術後、シッカリとクールダウンしてもらえますが、赤みは劇的に消滅はしませんので、それを周囲の目からマスクで隠せますし、その赤みの部分に紫外線が当たってシミになるのを予防する為にもマスクが必要です。

 

飲酒もNG

まさかヒゲ脱毛の当日の朝からお酒を飲む方はいらっしゃらないと思いますが、前日の飲酒もNGです。晩酌が楽しみな方も脱毛前日は我慢しましょう。

アルコール類の摂取は、体温を上昇させてしまう為、施術時に火傷を負ったり、腫れたりといったリスクが生じるからです。赤みや痒みが出る事もあります。

以上の注意点を心掛けて、施術に臨み、最大の効果を得るようにしましょう。