ヒゲ脱毛をしても、思ったほど他の人にバレないと言われているのはなぜなのでしょうか。その理由をご紹介します。

なぜかヒゲ脱毛したとバレてしまう人の特徴と、バレないための対策も教えちゃいますよ。

ヒゲ脱毛はバレたら恥ずかしい?隠しておいたほうがいい?

「ヒゲ脱毛したら、周りにバレそうで…」。

ヒゲ脱毛を始めたら、家族や友人、同僚などにバレてしまうものなのでしょうか。また、ヒゲ脱毛をすること=バレたら恥ずかしいこと、なのでしょうか。

ヒゲ脱毛は思ったよりバレない!

ご安心ください。ヒゲ脱毛したからといって、他の人にはそうそうバレないと思って構いません!

「いやいやいや、濃いヒゲが薄くなったら気づくでしょう!?」

と思っているあなた。それは自意識過剰というもの。人は、他人のヒゲのことまでいちいち覚えてはいません。

確かに、青々とした濃いヒゲが、いきなり全部なくなって突然つるつるになったら、さすがに他の人も気づくでしょう。

ヒゲ脱毛をしたことがない人は、施術すると極端にヒゲがなくなると勘違いしている人も多いのですが、そんなことはありません。

というよりもできません。

毛は、毛周期と呼ばれるサイクルによって生えたり抜けたりを繰り返しています。

全ての毛穴にみっちり毛が生えているわけではなく、だいたい3割前後に生えているのが普通の状態です。

その中でも、とても元気な状態にある「成長期」にさしかかっている毛にしか、効果的に脱毛のレーザーを反応させられないんです。

全毛穴が同時期に「成長期」にあてはまるわけではないため、いっぺんに処理できないんですね。

つまり、一度に処理できる毛穴は少なく、時間をかけて何度も施術を重ねて徐々に毛を減らすしかないんです。

他の人が違和感を抱くことがないくらいに少しずつ毛がなくなり、気づいたらナチュラルにヒゲがなくなっているというわけです。

ヒゲ脱毛の施術が完了した頃には、あなたの印象は、いつの間にか「ヒゲのないつるつるした顔の人」にすり替わっていることでしょう。

バレることを恐れないで大丈夫!芸能人もヒゲ脱毛するのが当たり前になってきてる。

ヒゲ脱毛は、オシャレな男性の間ではもはや当たり前!ヒゲ脱毛をしていることを聞いて、気持ち悪がる人のほうが少数派になりつつあります。

ヒゲ脱毛は、

  • 身だしなみに気を遣っている男性
  • お金に余裕のある男性

の証と思われることのほうが多いんですよ。

最近は、芸能人でもヒゲ脱毛をしていると世間に公表している人がたくさんいます。
例を挙げると、

お笑い芸人でヒゲ脱毛されている方

柴田英嗣さん(アンタッチャブル)
村本大輔さん(ウーマンラッシュアワー)
ワッキーさん(ペナルティ)
馬場裕之さん(ロバート)
山本博さん(ロバート)
名倉潤さん(ネプチューン)
原田泰造さん(ネプチューン)
児嶋一哉さん(アンジャッシュ)
トシさん(タカアンドトシ)
塙宜之さん(ナイツ)
ノブさん(千鳥)
遠藤章造さん(ココリコ)
藤森慎吾さん(オリエンタルラジオ)
ヒロシさん
今田耕司さん
アキラ100%さん

など

アーティストでヒゲ脱毛されている方

GACKTさん
ISSAさん(DA PUNP)
鬼龍院翔さん(ゴールデンボンバー)
喜矢武豊さん(ゴールデンボンバー)
手越祐也さん(NEWS)

など

有名な人だけでもこんなにたくさんの方がヒゲ脱毛をしていらっしゃいます。

人前に出る仕事をしているだけあって、清潔感には人一倍敏感なんですね。

影響力のある芸能人の方が次々と公表していることもあって、一般人の間でもヒゲ脱毛は恥ずかしいことではなくなっていると言えます。

ヒゲ脱毛したことをどうしても周りにバレたくない人も、バレたところで嫌われたり嘲笑されたりすることはそんなにはありませんので、堂々としておくことをおすすめします。

 

関連記事 こちらも読まれています
ヒゲ脱毛初心者が選びたい!大阪のサロン&クリニック紹介

 

ヒゲ脱毛に関する周りの反応体験談

では実際に、ヒゲ脱毛をされた方々の体験談を見てみましょう。

 

確かにヒゲ脱毛する前には、ヒゲ脱毛で、毎日のヒゲ剃りの煩わしさやカミソリ負けの痛みや青ヒゲの恥ずかしさから解放されたい願望はありましたが、その一方で、今ある青々としたヒゲがなくなったら周囲はどんな反応をするんだろうと気になっていました。

でも、結果から言うと、親・兄弟にも全然バレませんでした。びっくりするくらい何にも言われなかったです。それどころか、母親からは「お前は父さんと違って全然ヒゲがないから若く見える」と言われました。因みに母親は決してボケてはいません。

(20代)

 

ヒゲが悩みだという人は、恐らく1度はヒゲ脱毛を検討されているのではないでしょうか。それにも拘らず、周囲に知られたくないという考えから諦める人も多いでしょう。何を隠そう、ヒゲ脱毛をする前の私がそうでした。

ヒゲ脱毛をはじめた頃は、「髪をカットしたり、毛染めしたり、パーマをあてたりするのと同様に、ヒゲ脱毛したら、すぐに気付かれるんじゃないかと心配していました。でも実際にヒゲ脱毛をやってみると、誰もヒゲ脱毛したのでは?と指摘する人など居ませんでした。

周りの人たちは、他人のヒゲ等そこまで気にしていなかったのです。ヒゲに悩んでいる本人は自意識過剰になりがちですが、普段からヒゲをキチンと剃っていたら、ヒゲの濃い薄いの違いはあっても周囲は何も気にしないのです。

(20代)

 

ヒゲ脱毛を始めて最初の内、私の場合は脱毛直後に肌が赤くなったりすることがありましたが、聞かれたら、「カミソリ負けしちゃった。」と言えば、皆、「そうなんだ。痛そう。早く治るとイイね。」みたいに言ってくれて、ヒゲ脱毛はバレませんでした。

(20代)

この様に、ヒゲ脱毛の肌荒れ症状が現れてしまった人でさえ、バレずに何なく切り抜けています。

ヒゲ脱毛がポピュラーになっても、ヒゲ=剃るという固定観念から抜け切れないので、ヒゲ脱毛したのでは?等という発想に至らないのが実情の様ですね。

 

ヒゲ脱毛したことがバレる理由とは

ヒゲ脱毛をしてもバレないことが多いと説明しましたが、それでも、バレることがまったくないというわけではありません。

どんな場合にバレやすいのか、ご紹介します。

炎症や赤み、肌荒れなどでバレる

肌質によっては、施術が刺激になってしまい、炎症が起こったり赤くなったりすることがあります。

他の人から見ると、いつもと比べて明らかに痛々しく、そこからバレてしまうことがあります。

特に注意しておきたいのは、ニードル脱毛をしている場合。

ひとつひとつの毛穴に針を入れて電流を流すニードル発毛は、施術が丁寧なぶん、光やレーザーを用いた脱毛と比較すると肌への負担が大きくなります。

肌荒れのリスクも高まり、他の人から気づかれるぐらいひどく肌荒れすることも考えられます。

抜け落ちる前のヒゲの様子でバレる

施術すると、毛根から毛が徐々に上に上にいき、何日か経ったところでぽろっと抜け落ちます。

自分で引っこ抜くと毛周期がおかしくなるので、ヒゲ脱毛後の手入れは剃るだけにしておく必要があるのですが、施術後のヒゲは通常より泥棒ヒゲのように太くなっているため、剃っても目立ちやすくなっています。

そのため、他の人が見て、「ちょっと違うなあ」と感じることも。

ヒゲ脱毛をしたのでは?とまでは思い至らないかもしれませんが、何か聞かれて挙動不審になってしまったら、そこからバレてしまいますね。

サロンやクリニックに入るところを見られてバレる

ヒゲ脱毛を受け付けているサロンやクリニックに出入りしているのを他の人に見られてバレてしまうことがあります。

お肌の手入れやボディ脱毛のコースもあるので、すぐにヒゲを脱毛しているとは断定されませんので、バレたくないのなら余計なことを言わないのが一番ですね。

親からバレる

成人だったら大丈夫なのですが、未成年がヒゲ脱毛したい場合は、「親権者同意書」という書類の提出が必要です。

親権者=親に署名をもらわないといけない書類なのですが、署名をもらう時点で親にバレてしまいますね。

「親にバレるぐらいならまあいいか…」と、署名をもらっただけで安心していてはいけません。
親、特に母親は、想像以上におしゃべりです。

あなたを可愛く思っていればいるほど、あなたの話題を自分のことのように友人や知人にしゃべってしまいがちです。

あなたは誰にも言っていなくても、親戚や近所の人、幼なじみにまで知られてしまっている…なんてことになりかねません。

ヒゲ脱毛したことがバレないための対策

最後に、ヒゲ脱毛をしていることを周りにバレないようにしたい場合、どんな対策をとればよいのか、簡単にご紹介します。

  • ヒゲ脱毛の施術後は、マスクをして口の周りを見えないようにする
  • 化粧水や乳液などで肌を手入れする
  • メンズコンシーラーを使って、ヒゲや肌荒れの部分を隠す
  • ツルツルにしてしまうのではなく、ヒゲを今よりも薄くするぐらいにとどめておく
  • 泥棒ヒゲのようにならない、肌荒れしにくいなど、自分の希望に合った脱毛機があるサロンやクリニックで脱毛する

※以下は未成年のみ

  • 親権者同意書に署名してもらう人によく口止めする
  • 成人に達してからヒゲ脱毛する

対策、と言っても、そこまで難しいことはありませんね。

 

関連記事 こちらも読まれています
ヒゲ脱毛をどうしても隠したい方へ。バレないための3つの方法

 

まとめ:ヒゲ脱毛は他の人にバレない。不安な場合は対策を。

ヒゲ脱毛はバレないものなのかについてご紹介しました。

結論から言うと、自分で思っているほど他人にバレることはありません。他の人は、あなたのヒゲのことをそこまで気にしていないからです。

また、ヒゲ脱毛は、1回施術を行ったら、いきなりすべてのヒゲがなくなってつるつるになるわけではなく、時間をかけて少しずつ自然にヒゲの量を減らすので、他の人に気づかれにくいんですよ。

それに、バレても、お金に余裕があり身だしなみに気を遣っている人と好意的に見られるのが最近の傾向なので、変に隠し立てしないほうがよいとも言えますね。

それでも心配の場合は、マスクや化粧品の使用、脱毛する量の調節、希望に合った脱毛機の選択、親への口止めなど、きちんと対策をすれば、周りにバレないで済みますよ。