ヒゲ脱毛のトラブルはいろいろある!?

青く残ってしまう髭剃り後の跡。
この悩みが解消できるのがヒゲ脱毛です。
ヒゲに関する様々な悩みを解消できるとメリットばかり紹介されていますが、ヒゲ脱毛によって引き起こるトラブルも実は多く報告されています。

今回そのトラブルがどんなものなのかを調べ、まとめていくことにしました。

火傷

ヒゲ脱毛を行う際は、レーザーや光を肌に直接当てることで脱毛効果を実感する流れになっていますが、その施術により火傷を負うというトラブルが発生しています。

光はレーザーに比べダメージは少ないですが、レーザーはほとんどの人が照射を行う際に痛みを訴えています。
これは、レーザー照射時に高温の熱が発生して熱さよりも先に痛みを感じてしまうことが原因です。

火傷の可能性が高くなる例として、レーザーは黒い部分に対して熱が放射されるのでヒゲが濃ければ濃いほど火傷を負ってしまいます。

また、日焼けをしている肌に対しては、ヒゲではなく肌にも熱を照射してしまうことがあり、日焼けによって軽い火傷を負ってしまっている上に脱毛でも火傷を負ってしまうリスクが高いため、エステやクリニックによっては脱毛を断られることも。

照射漏れ

脱毛時に起こるトラブルに照射漏れがあります。
これは、ヒゲ一本一本に足して照射をくまなくしていく必要がある脱毛ですが、稀に照射をするのを忘れてしまうことがあるのです。

ヒゲは照射する範囲が広く、体の脱毛とは違いニードルで一本一本の毛根に向けて照射を行うので照射がされていない毛があることもあります。
脱毛後にヒゲが抜け落ちた頃に照射漏れがあった場所が気になってしまうことも。

コースで契約している場合は、後日の施術時にその場所を伝えて照射してもらうことができるので、照射漏れがあったことをしっかり伝えましょう。

また、1回のみの脱毛だった場合は照射漏れがあったことを伝え、サロンやクリニック側に対応してもらうことも1つの手ではあります。

コース終了後に気づいた場合でも、永久保証付きであれば終了後に細いヒゲが生えてきた場合でも対応してくれるので、永久保証付きのプランかどうか確認するといいでしょう。

肌荒れ

ヒゲ脱毛を受けた際に起こりうるトラブルとして一番多いのが肌トラブルです。
この肌荒れにはいくつかのパターンが存在しているので原因がどれなのか、確認して対応していくといいでしょう。

① 光やレーザーが原因の肌荒れ

まだ元気な毛根や細胞に向けて光やレーザーを照射していくのがヒゲ脱毛です。

元気な毛根や細胞をレーザーや光で傷つけ、毛が生えてこないようにする方法を行っているため、脱毛効果を実感するのが早ければ早いほど、レーザーや光に強烈なダメージを受けていることになります。

毛だけではなく、肌へのダメージも大きいため脱毛後に肌荒れを引き起こしてしまうことへ繋がり、これが原因の1つです。

② 乾燥

ヒゲ脱毛を受けた後レーザーや光の照射により肌は、外部からの刺激を防げない乾燥状態にあります。

乾燥を引き起こしている状態で、保湿などを行わずに外へ出ると紫外線などの刺激がフルで肌に降り注ぐのでとても危険です。

少しの刺激でも肌荒れの原因になってしまいます。

③ 肌の露出

脱毛を行うことにより、今までヒゲで隠れていた部分が露出してしまいます。
それが原因で、今までヒゲが防いでくれていた紫外線などの外からの刺激が肌に直接ダメージをあたえることに繋がってしまうケースがあるのです。

ダメージを直接受けてしまうことは、肌荒れが起きてしまうリスクを高めます。

この3つのことが原因で起きた肌トラブル(肌荒れ・ニキビ)は、脱毛後のケアによって予防・修復することが可能です。

近頃では男性用の化粧水や乳液の中に、保湿効果が高い商品も多数存在します。
そういった商品を使って毎日ケアを行うことで、肌荒れなどの肌トラブルを防ぐことや抑えることができるので、ヒゲ脱毛を考えている方や今現在ヒゲ脱毛を行っている方はスキンケア用品を揃えてみるといいでしょう。

ヒゲ脱毛を受けただけで終わらせない、ケアをして保湿をすることをおすすめしますよ。