ヒゲ脱毛の肌荒れ対策法を教えます!

身だしなみとして必須のひげ剃り。
どうしても毛穴が目立ってしまうことや、肌荒れが起きてしまうことでヒゲは剃っていても不潔に見えることが多く困っている男性がいらっしゃいます。
少しでも清潔に見えるようにと最近では、ヒゲ脱毛が流行ってきました。

毎日の朝の習慣になっているヒゲ剃りが不要になることから、デメリットなんてないのではないかと思われているのですが、調べてみると肌に悪影響を与えることもあるのだとか。

では、その悪影響とはどんなことなのか。
肌に起こりうるトラブルを紹介しつつ、そのトラブルに対してどんな対応をしたら良いのかを調べてみることにしました。

デメリット①肌荒れが起きる

朝の習慣であるヒゲ剃りよりも、ヒゲ脱毛に使うレーザーは1回の照射で肌に大きな刺激を与えることに繋がってしまいます。

脱毛に使われるレーザーの仕組みは簡単に説明すると、毛根を直接高温のレーザーで焼くことで毛自体を消滅させることができます。

そのため、このレーザー照射に耐えられないデリケートな肌の方も中にはいらっしゃるようで、デメリットである肌荒れが起きてしまうことがあるのです。
それほどレーザーの刺激は大きいことがわかります。

また、高温のレーザーが直接毛根に照射されることにより肌が軽度の火傷を負った様な症状になってしまうことがあり、それが原因で照射後の肌が紫外線などの刺激に弱くなってしまい肌荒れを引き起こすこともあるのです。

ヒゲ脱毛をした後に、外に出て紫外線などに肌をさらしてしまうと刺激が肌に降り注ぎ、肌へのダメージは大きくなり荒れ放題になってしまいます。

対処法①肌荒れをさせないようにするには?

肌荒れを起こさせないようにする方法は簡単です。
施術した後すぐ肌に何らかのケアをすることで肌荒れを防ぐことができるのです。

高温のレーザーにより軽度の火傷をした状態になってしまっている場合、施術中からヒリヒリした感じがしてすぐに気づくことができます。
ですので、レーザー照射が終わったら氷水で浸したコットンなどをもらって冷やすことが大切です。

ヒゲ脱毛を行えるお店やクリニックには、最初から冷やすまでがセットになっていることも多くあります。
まず初回は、自分の肌に痛みやヒリヒリすることが照射によって感じたかどうか考えながら照射を行ってもらい、多少でも痛みやヒリヒリを感じた場合はお店やクリニックにお願いして冷やしてもらいましょう。

その後、保湿効果の高いスキンケア用品を使って保湿をすると脱毛した場所に紫外線などの強い刺激に耐えられるようになります。

保湿をしないと紫外線などの外で受ける刺激に脱毛を施した部分だけどんどん皮膚がボロボロになりひげ剃りの肌荒れよりももっとひどい状態になってしまう可能性も…

大体脱毛を行うお店やクリニックでは冷やして終わりになるので、保湿効果の高い男性用のスキンケア用品を予め準備して行くことをおすすめします。

デメリット②ニキビ

ヒゲ脱毛をした当日にできてしまうことはあまりありませんが、数日たったある日脱毛を受けた場所にニキビが出来てしまうことがあります。

その原因は、肌荒れ同様にレーザーによる刺激が強かったことと軽度の火傷による刺激が関係しているのです。

ニキビというのは、乾燥している肌を皮脂で守ろうとその部分に油分が集中し、ニキビの原因菌であるアクネ菌が油分を求めて集まるためそこにできてしまいます。

そのため、レーザーで刺激を受けた部分や軽度の火傷を負った部分に肌が油分を発生させアクネ菌が集中することでレーザー照射した部分にニキビが出来やすくなってしまうのです。

また、ヒゲ脱毛は体に行うような広範囲のレーザーとは違い、ニードルを直接毛根に指してレーザーを行います。
ニードルで毛根までいつもより大きく毛穴が開いてしまうことにより、アクネ菌が毛根に入りやすい状態ができてしまうため、ニキビになりやすくなるとも考えられているのです。

デメリット③毛嚢炎

まず毛嚢炎とはなに?と思いますよね。
顔や体に白いイボやニキビ?と思われるものができたことはありませんか?

放置していても治らず、絞ってみると中から白い塊が出てくる、それを毛嚢炎といいます。

ニキビの原因菌はアクネ菌ですが、毛嚢炎の原因菌はブドウ球菌といってアクネ菌同様に油分に集まりそこに毛嚢炎を作り出してしまうのです。

毛嚢炎には症状がいくつかあり、白いニキビのようになる場合と埋没毛といって新しい毛が生えてくる前に皮膚が毛穴を塞ぐことにより、皮膚の中で毛が生えようとする上で炎症を起こす場合や、赤いブツブツした状態で出てくる場合があります。

埋没毛の炎症というのはニキビのように赤い出来物が出来ていて絞って見ると、中に何本も重なった毛が出てくる状態をさします。
※自分で絞ると悪化してしまうことやそこにバイ菌が入って膿んでしまうことがあるので注意してください。

対処法②③ニキビと毛嚢炎ができてしまったら?

ニキビや毛嚢炎も肌への刺激が軽減されれば自然治癒できるものです。
※炎症をおこしている場合は病院へ行きお薬をもらうと簡単に治すことができるので、自分でなんとかしようとはせず皮膚科に受診してみてください。

ヒゲ脱毛後のスキンケアをしっかりしていれば、ニキビや毛嚢炎を防ぐことや治癒を早めることにつながるのでお肌のためにもケアは怠らないように気をつけましょう。

もし1週間ほどケアをして保湿もしているのに改善が見られない場合や悪化が見られる場合は病院への受診や市販薬などで様子をみてください。

また、ヒゲ脱毛を行ったお店やクリニックで対処してくれることもあるので、もし何らかの以上が見られたときはお店やクリニックに1度確認の連絡を行うのもいいでしょう。

アトピー肌・敏感肌だと、ヒゲ脱毛は可能?不可能?