ヒゲ脱毛を受けて後悔した!?まさかの体験談

ヒゲ脱毛をした人の中には、「ヒゲ脱毛なんてしなければよかった…」と後悔している人も。

後悔の理由は一体何なのでしょうか?

ヒゲ脱毛の体験談から、気になる後悔の理由を調べてみました。

ヒゲ脱毛で後悔?まさかの体験談

「ヒゲの濃さに悩んでいて、これまで市販の除毛クリームやジェルなどを試したこともありますが、効果は全くなし。

そんなとき、ネットでヒゲ脱毛というのがあるのを知り、思い切って行ってみることにしました。

そもそも脱毛するのが初めてなので、最初はかなり緊張しましたね。
カウンセリングや診察を受けるとだいぶ緊張もましになったのですが、今思うとここからが後悔の始まり。
最初のカウンセリングで、気になる点をもっといろいろ聞いておけばよかったと思います。」

「ヒゲ脱毛は痛いというのは噂に聞いていましたが、実際に経験してみると想像以上の痛み。

僕が通っていたサロンには麻酔がなくて、あまりの痛さに休憩をはさんでもらいながら脱毛を受けたりしていましたが、心が折れて脱毛を中断してしまいました。

脱毛処理を受けている間は「こんな痛み耐えられない…」と後悔しきり。
中断してしまったので、もちろん効果もなくて、またまた後悔につぐ後悔。

麻酔設備のあるクリニックに移ろうかとも思いましたが、痛みへの恐怖心ができてしまい、脱毛自体が怖くなってしまいました。

ヒゲ脱毛するなら、痛みに耐えてでも最後まで脱毛を受ければよかったのか…
最初から麻酔のあるクリニックを選べばよかったのか…
そもそもヒゲ脱毛なんかしなければよかったのか…
今も苦い思いが頭の中を巡ることがあります。

僕の経験から、ヒゲ脱毛を受けることを考えている人には
痛みは想像以上であること
脱毛を受けるサロンやクリニックは慎重に選ぶこと
がとても大事だということを伝えたいです。」(29歳、男性)

ヒゲ脱毛で仕事に支障が出た…!知っておくべき後悔の体験談

ヒゲ脱毛に興味を持っている人はけっこう多いんです。

しかしヒゲ脱毛をして良かったという人がいる一方で、ヒゲ脱毛をしたことを後悔している人もいます。

ヒゲ脱毛の体験談から、ヒゲ脱毛を後悔している…という人の話をご紹介します。

「久しぶりに友人に会ったら、ヒゲが剃り跡もなくキレイになくなっていたんです。
理由を聞いたら、ヒゲ脱毛をしたと。
僕自身もヒゲに関しては、剃り跡が青くなるぐらい濃いことや、朝剃っても昼には生えてくることに悩んでいました。
そのため友人に通っているサロンを紹介してもらい、僕も脱毛を始めることに。

そのサロンでは脱毛をする部分が細かく指定できて、僕は鼻下とあごのヒゲを脱毛してもらうことにしました。

友人から脱毛はかなり痛みが伴うことを聞いていたのですが、事前のカウンセリングで痛みについて詳しく説明を聞いたら余計不安になってしまって…。

案の定、脱毛の痛みはキツかったです。
覚悟はしていても、思わず男泣きするほどの痛みでした。
サロンには、痛みに耐えるために手に握るマスコットまで用意されていて。
僕も例に漏れず、子供みたいにそのマスコットを握りしめて痛みをしのぎました。

やっとのことで脱毛が終わり、鏡で自分の顔を見たら、脱毛をした鼻下やあごに赤みが…。
サロンでは半日~1日で自然に赤みは引きますと言われましたが、3日たっても一向に赤みが引かないままでした。
結局、赤みが引いたのは1週間後。

僕の仕事はサービス業なので、顔の赤みが引かないことで仕事にも支障が出てしまいました。
ヒゲ脱毛を受けたことをすごく後悔しましたよ。

脱毛の効果に不満があったわけではないのですが、顔の赤みが数日間も引かないのは仕事上困るので、それ以来脱毛はやめました。

サロンのすすめにのせられて、複数回コースを契約しなかったのが不幸中の幸いでした。」(27歳、男性)

実際ヒゲ脱毛って痛い?体験談まとめ