アトピー肌・敏感肌でもヒゲ脱毛は可能?

男性にも、カミソリ負けしやすいアトピーや敏感肌などのデリケートな肌質な方はいらっしゃいます。
そんな方でも、強いダメージを受けるというイメージのヒゲ脱毛は可能なのでしょうか。
デリケートなアトピー肌や敏感肌の方のヒゲ脱毛についておまとめいたしましたので、ご覧ください。

ヒゲ脱毛が受けられない人とは

まずは、一般的なヒゲ脱毛の方法であるレーザー脱毛と光脱毛が受けられない人をおまとめいたしました。

<肌が黒い人・日焼けをしている人>

レーザー脱毛や光脱毛は、黒いメラニン色素に反応することでヒゲを脱毛する方法です。
これらの施術を肌が黒い人や日焼けをしている人におこなうと、肌のメラニン色素にも反応してしまうので、火傷などのリスクが高まってしまいます。
クリニックの中には肌の色に関係なく施術ができるメディオスター脱毛ができる医院もあるのですが、導入しているところがまだ少ないのが現状です。
そのため、そちらの施術を希望する方は、通える範囲で導入しているところがあるか事前に確認をするのがおすすめです。

<白髪の人>

白髪・白ヒゲの人は、レーザーや光が反応するメラニン色素がほとんどといってよいほどありません。
つまり、これらが反応してくれないため脱毛自体がおこなえないのです。
仮に毛を染めていたとしても、毛根が白い場合には脱毛効果が期待できません。
そのため、白髪でもヒゲ脱毛したいという人は、1本ずつ脱毛をおこなうニードル脱毛を選ぶようにしましょう。

アトピー肌・敏感肌でもヒゲ脱毛は可能

アトピー肌や敏感肌の方に朗報です。
これらのデリケートな肌質でも、ヒゲ脱毛を受けることは可能なんです!
クリニック・サロンのどちらも施術前にカウンセリングがおこなわれるので、そのタイミングで施術ができないと判断されない限りは問題ありません。

では、どのような場合に『施術ができない』と判断されるのでしょうか。

まずは、炎症を起こしている場合です。
お肌が炎症を起こしている状態ですと、脱毛に伴うダメージにお肌が耐えられないと考えられ、リスク回避のために施術ができないと判断されます。
無理に施術をしてしまうと、症状の悪化にもつながりかねませんからね。

次に、色素沈着を起こしている場合です。
この場合、ヒゲだけではなく肌自体にもレーザーや光が反応してしまう恐れがあり、火傷などのリスクが高まるために施術ができないと判断されます。

どちらの場合でも、それ以外の部分への施術は可能なので、カウンセリング時によく相談をして納得した上で施術を受けるようにしましょう。

ヒゲ脱毛の効果を高めるアフターケアとヒゲ脱毛後のNGについて

迷ったらクリニックがおすすめ

アトピー肌や敏感肌の方で、クリニックとサロンのどちらでヒゲ脱毛をするか迷っているという方には、クリニックがおすすめです。
理由はシンプルで、医療機関であるため万が一の時にもすぐに処置をしてもらえますし、医師によるアフターフォローが受けられるというメリットもあります。

ただ、サロンであっても提携クリニックがある場合には同様の対応が受けられますし、レーザーよりも出力が低い光脱毛でダメージを軽減できるというメリットもあるので、一概に『サロンがダメ』というわけではありません。
あくまでも、迷っているならクリニックがおすすめという程度ですね。

アトピー肌や敏感肌の人こそヒゲ脱毛がおすすめ

アトピー肌や敏感肌の人は、ヒゲ脱毛が可能というよりも、むしろヒゲ脱毛がおすすめなんです。
というのも、毎日カミソリでヒゲを剃るダメージと脱毛で受けるダメージを比較した場合後者の方がダメージが少ない上に、カミソリについている雑菌によって炎症を起こすリスクも回避できるからなんです。

たとえ永久脱毛でなかったとしても、ヒゲを薄くすることで髭剃りの回数を減らしてお肌の負担を軽減することができます。
そのため、アトピー肌や敏感肌の方こそ、ヒゲ脱毛がおすすめできるんですね。