気になるヒゲ脱毛の期間は?

ヒゲ脱毛について考える時に切っても切り離せないのがその『期間』です。
施術を受ける間隔や始める時期など、事前知識として知っておきたい『期間』はたくさんあるんです。
そこで、そんなヒゲ脱毛に関するあらゆる『期間』についておまとめいたしました。

ヒゲ脱毛を受ける期間のあけすぎはNG?

ヒゲをはじめとした体毛は、毛周期と呼ばれる周期で生え変わります。
毛周期は大きく3つの期間に分けられ、それぞれ『成長期』『退行期』『休止期』と呼ばれます。
さらに、成長期生え始めの前期とその後の後期に分けることもでき、肌表面にある毛は『成長後期』の毛と、抜けはじめる『退行期』・『休止期』の毛なんです。

ヒゲの毛周期は1ヶ月半~2ヶ月程度なので、それを基準として脱毛処置をおこなっていきます。
これよりも短いと、ヒゲが生えそろっていない時に施術をおこなうことになるため、いわゆる『無駄打ち』になる可能性があります。

一方、期間をあけすぎた施術に関して言うと、特に問題はありません。
脱毛効果に大きな差が出ることもありません。
ただ、脱毛を始めたばかりの頃には、お肌へのダメージを考え低い出力で施術をおこなうことがほとんどです。
期間をあけすぎた場合には、再度低い出力からのスタートとなるため、できる限り早く脱毛したいという方には各クリニックやサロンで推奨されている期間内で施術を受けるのがおすすめです。

脱毛スタートは秋冬がおすすめ!

脱毛を始める時期としておすすめなのは、『秋』『冬』です。
それは、『日焼けしにくい季節』だから!

ヒゲ脱毛の脱毛法として一般的なのは、レーザー脱毛と光脱毛です。
これらは、黒いメラニン色素に反応して、黒い体毛を脱毛する方法です。
このときに、もし日焼けをしていたらどうでしょう。
日焼けによってできたお肌のメラニン色素にレーザーや光が反応し、火傷を負うリスクが高まるのです。

実際に、『日焼けをしている場合施術ができないことがある』と明確にホームページ等に記載しているクリニックやサロンも多くあります。
カウンセリング時に、『施術期間中には日焼けをしないように』と言われることも。

特に注意するべきなのは、脱毛を始めたばかりの頃です。
初めて受ける脱毛のダメージに加えて日焼けをしてしまうことで、お肌のバリア機能が著しく低下をして肌荒れなどのトラブルが起きる可能性が高まるんです。
そこで、日焼けをしにくい『秋』や『冬』にスタートするのがおすすめなんですね。

もちろん、秋や冬だからといって日焼けをしないわけではありません。
特に、スキーやスノーボードが趣味という方は、ゲレンデの照り返しに要注意です。
また、他の季節に比べて乾燥しやすい季節でもあります。
そのため、脱毛をしている期間はUVケアや保湿ケアなど、お肌を守るためのケアを欠かさないようにしましょうね。

始める時期にこだわる必要はない

これを読んでいる方の中には、『春』『夏』にヒゲ脱毛を思い立ったという方もいらっしゃることでしょう。
そんなあなたに伝えたいことが、この『始める時期にこだわる必要はない』ということです。
先ほどおすすめした『秋』『冬』は、もちろん肌トラブルなどのリスクが低いのでスタートには望ましい季節です。
ですが、たとえ他の季節であっても、日々のUVケアや保湿ケアをしっかりとおこなうことで、肌トラブルのリスクを抑えることができます。

また、ヒゲ脱毛完了までと考えると、少なくとも1年ほどの期間は施術を受ける必要があります。
つまり、いつ始めたとしても『春』や『夏』を避けることはできないのです。

さらに、先ほどご紹介したように、レーザー脱毛や光脱毛は黒いメラニン色素に反応して脱毛をおこないます。
薄々おわかりかもしれませんが、残念ながら白いヒゲには反応してくれないのです。
そのため、白髪などが出始める年代の男性は、時期にこだわらずにすぐ脱毛を始めるのがおすすめです。

最大の効果を得る為、ヒゲ脱毛に際して事前の注意点を説明します